旦那は働かないしほかに頼める人がいないからと勤務時間を延ばされた人妻は…

「コアヤアコ」のエロ漫画「深夜の危険なアルバイト」が無料で読めちゃう! うちの旦那にもっと甲斐性があればとウエイトレス姿で嘆く彼女は先ほどバイト代を弾ませる代わりに 頼める人がほかに居ないからと勤務時間を延ばされたことをぼやいていた。 七時間ほど前がその話を店長にされたタイミングで、それから旦那からの返信を観たのが一時間後。 これで今月は贅沢ができるねなんて返信だ。 これでは自分の夫のことが情けなくなってしまうことだろう。 続きはこちらからどうぞ